考える女性

女性が避妊をするために用いる経口避妊薬というのは、しばしば錠剤をあらわすピルという略称で呼ばれていますが、通常のピルというのは、これまでにも婦人科などで月経困難症の改善のためとして用いられてきた、中用量ピルという種類のものにあたります。
この中用量ピルというのは、現在では比較的錠剤中の成分として含まれている卵胞ホルモンのはたらきをする物質の量が多いものであり、効き目も基本的には強めであると考えてよいものです。
しかし、こうした中用量ピルの場合には、成分に由来する副作用も多くみられ、使用にあたっては、その副作用とのたたかいという部分も否定できないものとなっています。
一般的な副作用としては、吐き気、嘔吐、下腹部痛などといったものがあり、特に吐き気は多くの女性をなやませるものとなっています。
いっぽうの低用量ピルですが、こちらは卵胞ホルモンの含有量が少なめになっているものであり、本来の目的であるところの避妊という効果だけをみると、中用量ピルも低用量ピルも、別にかわらないといえます。
そのため、避妊が目的でピルを使用するといった場合、現在ではほとんどが副作用がより少ないとされる低用量ピルとなっています。
低用量ピルについても、月経困難症の治療のような目的で使用されることがありますが、もともと卵胞ホルモンの含有量が少なくなっているというところから、通常の避妊をする場合などよりも、多めの分量を服用させられることがあります。
具体的にどの程度の分量を服用するのかについては、副作用のかねあいもあわせて考えなければならない問題ですので、医師に相談をした上で、医師の指導のもとに、適切な服用にこころがけるということに尽きます。

記事一覧

女性には、毎月生理という習慣があり、十代前半で初潮を迎えてから、妊娠、出産時期に停止することはあって...

最近の女性にとっては非常に大切になってくることが自身がしっかりと家族計画を立てておくことにあります。...

女性の体に負担をかけず避妊効果を得られるとして人気の高い低用量ピルですが、正しい使用方法を守って服用...

ピルは言わずと知れた、女性が服用する避妊薬で、飲み忘れさえなければ、ほぼ百パーセントに近い確率で避妊...

異性との交際をしている女性に取って、そこに性交渉をも含めた関係を築いているならば、当然のこととして、...

望まない妊娠を回避させることができる避妊薬のピル、女性が自らの意思で自分の身体を守ることのできる方法...

女性が主導で行う避妊の方法として、毎日飲むことで排卵をストップさせる低用量ピルと、性交渉の前に精子の...

避妊にもいくつかの方法がありますが、わが国で一般に用いられているのはコンドームによる方法であり、これ...

低用量ピルというのは、女性ホルモンである卵胞ホルモン、黄体ホルモンのふたつの合剤であって、計画的に服...