• ホーム
  • 太るなど副作用が抑えた低用量ピル、処方に内診有り

太るなど副作用が抑えた低用量ピル、処方に内診有り

考えている女性

望まない妊娠を回避させることができる避妊薬のピル、女性が自らの意思で自分の身体を守ることのできる方法で、毎日決まった時間に服用するだけで良い、という手軽さから、世界中で広く浸透しているお薬です。
研究開発の末、現代ではより副作用のリスクが抑えられた低用量ピルが誕生しており、我が国においてもようやく解禁となり、服用し始めている女性も増えているようです。
この低用量ピルが開発されるまでには、中用量タイプが使われていましたが、ホルモン量が多く含まれるので副作用も見られがちで、太る、むくみ、吐き気、頭痛など、身体に不具合を感じる方も多く、飲み続けるには負担が大きいと判断される方も少なくありませんでした。
しかし、今クリニックで処方されている低用量ピルなら、飲み始めに若干の不具合はあっても、すぐに身体も慣れ、普段と変わらずに過ごせるようになり、女性に取ってはとても喜ばしいことです。
さて、低用量ピルを試して見たいとなったら、まずはピルが服用できる身体であるかどうかをきちんと調べておかなければなりません。
低用量といえどもホルモンが入った医薬品であることには違わないので、婦人科医の内診や血液検査などを受け、飲んでも問題なしという診断が下されれば処方してもらえます。
年齢や喫煙歴、病歴によっては服用できない場合もあるので、自己判断で飲み始めるよりも、初回はきちんと検査を受けてクリニックで処方してもらうようにしましょう。
低用量ピルは、海外の製薬会社が販売している医薬品なので、ネット通販の個人輸入代行業者を利用すれば、かなり安価で手に入れることが出来るのでお勧めですが、飲み始めだけは、安全性を高めるうえでもクリニックでの処方がベストです。