• ホーム
  • 低用量ピルとマイルーラ、相場とメリット・デメリット

低用量ピルとマイルーラ、相場とメリット・デメリット

笑顔の女性

女性が主導で行う避妊の方法として、毎日飲むことで排卵をストップさせる低用量ピルと、性交渉の前に精子の活動力を失わせてしまう薬剤が含まれているフィルムを膣の中に入れるマイルーラが代表的なものとして知られています。
どちらも現在は日本のドラッグストアなどでは販売されておらず、低用量ピルは病院で処方してもらうか海外からの個人輸入、マイルーラは個人輸入を行うことでしか手に入れることは出来ません。
低用量ピルの相場は種類にもよりますが病院での処方の場合には1カ月3000円~5000円程度、個人輸入の場合には1000円~2500円前後になります。
マイルーラは1箱2000円前後となります。
低用量ピルのメリットは、きちんと飲んでさえいれば避妊効果が継続することです。
いつどのタイミングで性交渉を行っても、排卵自体がストップしているので妊娠することはありません。
そのため安心して性交渉を行えます。
しかし、飲み忘れがあると妊娠してしまう可能性があるため低用量ピルの服用を習慣化させる必要があります。
マイルーラは毎日飲む必要がないので、気楽です。
しかし膣に挿入する時に奥にしっかりと挿入しなければ効果がなくなってしまうので慣れが必要になります。
またマイルーラを挿入してからどのくらいの時間効果があるのかがはっきりとしていないので、性交渉の時間が長時間になってしまった場合には効果があるかどうかを確かめる方法がありません。
また、低用量ピルもマイルーラも妊娠を防ぐことは出来たとしても、性感染症を予防することは出来ません。
性感染症は粘膜接触で感染してしまうため、コンドームを使わなければ男性から感染するのを防ぐことは出来ないのです。