• ホーム
  • 低用量ピルとコンドームの併用

低用量ピルとコンドームの併用

心配している女性

低用量ピルというのは、女性ホルモンである卵胞ホルモン、黄体ホルモンのふたつの合剤であって、計画的に服用することによって、避妊の効果があるという医薬品にあたります。

ホルモン作用によって、卵胞の発育が抑制され避妊効果を得られます。また、低用量ピルと同じように、生理の痛みや不快感を緩和する効果も期待出来ます。

引用元:ヤーズ(YAZ)の通販:単品4,480円【まとめ買い45%割引】ネット総合病院

いっぽうのコンドームのほうは、わが国では特によく用いられているものですが、性行為のときに男性自身にかぶせることによって、妊娠を防ぐという、いわば物理的なシャットダウン効果に着目した製品であるといえます。
通常のカップルが避妊を実行する場合には、コンドームのみにたよった方法というのが多いようであり、これは全国的な統計調査などからもあきらかになっています。
しかし、この方法では注意深く使用したとしても、年間の失敗率、すなわち妊娠してしまう確率が5パーセント以上になってしまうといわれており、一般的に理解に反して、かならずしも安心確実な方法とはいえないものとなっています。
加えて、裏おもてをまちがえて使ったり、行為の途中ではずれてしまったり、破れてしまったりといったアクシデントが怒らないとも限らないという点にも注目しなければならないといえます。
そこで、避妊をより確実に行いたいのであれば、男性のコンドームとあわせて、女性の側も低用量ピルをふだんから服用して、両者を併用するのがもっともよいといえるでしょう。
低用量ピルの場合には、決められた錠数を毎日飲むようにしていれば、かなりの程度の避妊効果があることがわかっています。
そのため、たとえコンドームによる方法に失敗したとしても、低用量ピルのほうでおぎなうことができるのです。
ただし、低用量ピル自体には性感染症の予防などの他の効果はないため、性感染症の予防にもなるコンドームと併用することは、やはり望ましいといえるわけです。